【史跡】高天神城の千人塚(静岡県掛川市)

【史跡】高天神城の千人塚(静岡県掛川市
senninzuka_kakegawa (18)
田んぼの中にぽつんと立つ小さな塚。
当時激戦に散った高天神城の城兵を祀る首塚です。






こんばんは、豊橋心霊散歩です。

田んぼの中にポツンと祠みたいな何かが建っていると気になりませんか?

今回は静岡県掛川市

高天神城跡から近い、千人塚という場所に行ってきました。

少し、気持ち悪い画像もありますので、苦手な方は閲覧注意してください。

それではどうぞ。


■千人塚とは


千人塚とは、

高天神城での戦いで亡くなった、多くの武田軍の城兵を埋葬したと伝わる塚です。

高天神城に籠城していた武田軍に対し、

攻め落とそうとする徳川軍という構図でした。


静岡県掛川市下土方)


ただし、その詳細はネットで調べてみてもよく分からない。

掛川市史にすら記載されていません。



詳しい資料はないものかと、探してみたらかろうじて見つかりました。

参考資料:『高天神城戦史』 増田又右衛門, 増田実 編

ちょっと内容を読み解くのが難しかったため

適当に雰囲気を要約していますので…間違っているかもしれません。

詳しく知りたい方はぜひ入手してみてください。


高天神城の落城

天正9年3月22日
徳川家康は横須賀城を本営として在陣した。
兵糧攻めにあっていた高天神の城兵はいよいよ窮迫して脱出を考えていた。
しかし徳川軍は逃げ道へ軍勢を増援していた。
22日の夜、城を飛び出した300騎は既に城の周りが徳川軍に囲まれており逃げることができなかった。
片っ端から切り伏せ、夜の闇の中、誰ともつかない首を切り落とし、切り落とし…
夜が明けて打ち取った首の身元をあらためた。

その時に首塚と称し祀ったのが
上土方嶺のお千山、下土方小笠橋西側の千人塚



こちらが高天神城戦史
(高額なので図書館で探すことをおすすめします)




あくまで史跡であり、

千人塚に怖い噂などはありませんが、

高天神城跡は心霊スポットとしても知られていますね。

takatenjinkakegawa (1)
高天神城址 かな井戸

takatenjinkakegawa (2)
高天神城跡 本丸周辺


私としたことが何度も散策しているのに、まだ記事を書いていませんでした・・・。

歴史的背景を調べるのが難しすぎて後回しになっているようです。





■千人塚 現地散策

千人塚に向かいました。

近くには車を停めておけそうな場所がないため、

近くにある別の史跡「平塚刑場跡」に少しだけ停めさせていただき、歩きました。


senninzuka_kakegawa (2)

千人塚には

下小笠川に架かる小笠橋の近くの農道を下りて向かいます。

車で入るのは無謀です。


senninzuka_kakegawa (3)

狭い農道を歩いていきます。



senninzuka_kakegawa (5)

田んぼの畔が広がるところまで降りてくると、

暗闇の向こうに白い影が見えてきました。



senninzuka_kakegawa (7)

もっと近づき・・・

senninzuka_kakegawa (8)


ありました。。

こちらが千人塚。

昭和10年に出版された高天神城戦史の写真と

ほとんど変わっていませんでした。




senninzuka_kakegawa (9)

senninzuka_kakegawa (17)


天正9年3月(1581)
高天神落城時の戦死者多数を埋葬した。


と記載があります。

当時は泥で誰彼判らなくなった首を川で洗って検(あらた)めたそうです。

senninzuka_kakegawa (13)

質素な佇まいで、どっしりとした雰囲気があります。


senninzuka_kakegawa (16)

近付いてよく見てみると、

黒いぶつぶつが沢山見えてきました。



senninzuka_kakegawa (14)

senninzuka_kakegawa (15)

これはちょっと私は苦手な部類です。

トライポフォビア(集合体恐怖症)に近いものはぞくぞくきます。


しかし、

この場所に眠っている武田軍、彼らを祀るこの千人塚。

物理的に触れてはいけないような気持ちになるのは

ぶつぶつのせいだけではないのかもしれません。






最後に、

Wikipediaによると高天神落城に繋がる戦いが起きたのは天正9年(1581年)3月25日の夜。

しかし、参考にした高天神城戦史は、3月22日と記載があったためそのまま掲載しました。



高天神城跡についても、また記事を書くと思いますのでよろしくお願いします。

今回は以上です。

お読みいただき、ありがとうございました。


 
スポンサーサイト



0 Comments

人気ブログランキング人気ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ