【民話】松の幹・杉の枝葉の御霊杉(静岡県袋井市)

【民話】松の幹・杉の枝葉の御霊杉(静岡県袋井市
yuzanji_mitamasugi (6)
松のような杉の木がある油山寺(袋井市)に行ってきました。
この不思議な杉には弘法大師の伝説が伝わっているので紹介させていただきます。





こんばんは、豊橋心霊散歩です。

今回は静岡県袋井市の御霊杉を紹介します。

樹皮が松に見えるのですが、枝葉は杉の木という不思議な木で、

静岡県指定の天然記念物になっています。

御霊杉のある油山寺さんはとても歴史あるお寺で、

夏に開催される風鈴まつりは心が洗われる感じがするのでお勧めです。

今回は御霊杉を見に行ってきましたので報告します!




■油山寺の御霊杉

油山寺(ゆざんじ)さんはこちら。



国道一号線のバイパスから降りて、
久津部の交差点をひたすら北上します。



yuzanji_mitamasugi (2)

駐車場に車を停め、
石段を登ると、立派な山門が見えてきました。

yuzanji_mitamasugi (4)

この山門・・・お寺に見えない!
と思って調べてみたら、元々は掛川城の大手門だったものを移築したそうです。
寺院の雰囲気とは違い迫力がありますね!

さて、

目的の御霊杉ですが、

この山門に入る手前にあります。



yuzanji_mitamasugi (17)

yuzanji_mitamasugi (15)

こちらが御霊杉。

(斜めにまっすぐ伸びてますね・・・)


本当に幹が松なのだろうか

もっと近くで見てみたい!



yuzanji_mitamasugi (11)


おお!これは・・・!


yuzanji_mitamasugi (12)


松!というより松っぽい別物・・・?



yuzanji_mitamasugi (13)


だんだん見てるのが辛くなってきました。

確かに普通の杉ではないですね!

しかし、

ここまでで杉の要素は一切ありません。

枝葉は杉の木ということなので、上のほうに生えている枝葉を見てみます。





yuzanji_mitamasugi (9)

ややや・・・?よく見えないけど

杉の木にしては枝がうねっている気が・・・

杉は花粉のニュース映像で見慣れてるせいかイメージと一致しません。

本当に杉の木なんでしょうか。

ちょっとズームしてみます。


yuzanji_mitamasugi (16)


ぅおお!杉っぽい!



yuzanji_mitamasugi (10)

間違いない!枝から先は杉だ!!

でも上部の幹も松のようになってますね!


確かにこれは不思議ですねぇ。


ちなみに本来の杉の木は、こちら
Cryptomeria japonica bark

松の木はこちら
yuzanji_mitamasugi (87)


やっぱりどちらとも言えない。

松に比べてひび割れが規則正し過ぎるように感じます。

でも松に似ているのも確かですね!




お寺の入り口にある御霊杉。

これからお参りする油山寺の不思議な空間をお出迎えしてくれてるような気がします。




■御霊杉に伝わる民話

写真を掲載してて気になった方もいるかもしれませんが

御霊杉の前に石仏が建ってます。

yuzanji_mitamasugi (17)

横には看板もあり、御霊杉にまつわる伝説が記載されていました。

石仏はお話に出てくる弘法大師なのかも。

こんな伝説です。

昔 弘法大師ご来錫の砌(ごらいしゃくのみぎり)、
村ざとに貧しい夫婦あり
愛しき児がお大師さまのご祈祷・秘法・お手あてのおかげで一命が救われました。
両親は深く感謝し、ま心こめて夫は松、妻は杉の枝をとって、1ぜんの箸を作り、
お大師さまにささげました。
やがてお大師さまは旅だちに際し、この浄地に箸をさして行かれ、
後に不思議にも幹がマツ、枝葉がスギとゆう珍しい霊木となりました。
お大師さまのお心恩情、夫婦和合の木であります。


(参考:油山寺の看板)



弘法大師は奇跡のようなすごい話がいろいろ伝わっていますから

これもその1つですね。

亜種としても箸が気になる話は色々あると思います。

この辺りだと遠州七不思議の1つ「三度栗」で

徳川家康が挿した箸が年に3回栗の実をつけるなんて話もあります。


弘法大師は夫婦から貰った箸をなぜ地面に挿したのか謎ですが・・・


御霊杉の伝説について郷土資料を探したら判るかな?と思い調べてみました。

結論から言うと判らなかったのですが、

一応、要約した内容を掲載しておきましょう。


様々な土地を旅し、数々の奇跡を起こしてきた弘法大師は、ある時、袋井市の村松を訪れました。
そこには正直で真面目、しかし病気がちの夫婦が住んでいた。
夫婦が大師からもらった薬を飲んだところたちまち良くなったそうだ。
夫婦は大師にお礼をしたかったが、何も渡せるものがない。
仕方なく松の木と杉の木で箸を一膳ずつ作り、大師に差し上げた。
大師は喜んで受け取り地面に箸を挿したところ、やがて芽を出し御霊杉となった。


(参考:駿・遠・豆の年輪 (シリーズ日本の年輪 ; 3))


こちらの話はかなり現実的な路線になってますね。

薬で治したことになっていました。

弘法大師の話と聞くと、杖で地面をつけば水が湧きだし、訪れた場所で奇跡を起こし寺院が建つイメージがあるので意外です。

浄地(寺院の土地)に箸を挿し…とあるので

自分が去った後も、仏様の力で飢えや病気を退けられるように油山寺の地に力を与えたのかもしれません。





■最後に


噂には聞いていましたが

御霊杉の不思議さ、その実物を見ることができて良かったです!

その後、油山寺をお参りしてきました。

目にご利益があるんですね、私は疲れると色がちゃんと見えなくなるので、それを治してくれると嬉しいかも、そして、幽霊が見えるようにしてくれると更に嬉しかったり・・・

yuzanji_mitamasugi (38)

もちろんそんな邪なお願いはしませんでした(笑)

yuzanji_mitamasugi (45)

奥には天狗谷という森林が広がっています。

yuzanji_mitamasugi (59)

yuzanji_mitamasugi (79)

自然と混然一体の油山寺さん。

ぜひ時間をたっぷりとって、ゆっくり散策してみることをお勧めします。



今回の記事はここまでです。

お読みいただきありがとうございました。



 



スポンサーサイト



0 Comments

人気ブログランキング人気ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ