豊橋巨大廃墟を探して・・・(散策記録)

豊橋巨大廃墟を探して・・・(散策記録)
2023kyodaihaikyo (19)

豊橋巨大廃墟を探してしばらく経ちますがまだ見つかりません。
ブログで未報告の散策内容を、何回かに分けて報告していきたいと思います。

続きを読む

こんばんは、豊橋心霊散歩です。

だいぶ報告をサボっている豊橋巨大廃墟に関する散策記録です。

Youtubeのほうも見ていただいている方には一部重複すると思いますが、ブログの方ではまだ報告していないため、掲載させてください。

巨大廃墟を探していると、いろんな情報に触れることになるので、その都度目移りしてしまったり・・・、調べるのに夢中になってしまいブログの更新を忘れたり((笑)

そんなわけでいろんな散策記録が溜まっています。

今回で全てではないですが、とりあえずこれで許してください。


目次
・花沢不動
・五葉の森
・神石山の建築物?
・中藻の廃墟っぽい何か






■花沢不動

2023kyodaihaikyo (13)
(引用元:豊橋市都市計画基本図 平成元年)

中山町の隣、萩平町の地図を眺めていると花沢不動という文字を発見。

お不動様ということは滝があるはずです。
巨大廃墟のヒントには「滝」がありましたから、
ここを進むと実は中山町の巨大廃墟に辿り着くのでは?と期待を寄せて散策してきました。



周辺には、
萩平の不動滝(荒沢不動滝)という場所もあります。
目的である花沢不動と同一のものかもしれません。

2023kyodaihaikyo (3)

林道を進むと、行き止まりに。
しかし、害獣の侵入を阻む網の向こうに、建物が見えます。
それに神社でよく見る注連縄もかかっています。


2023kyodaihaikyo (4)

建物は東屋のようでした。
比較的新しいもののようです。
ただ、足元は水でびちゃびちゃ・・・。
更に奥に注連縄が見えるので行ってみました。


2023kyodaihaikyo (5)

石塔を発見。
これはかなり古そうです。
ここが花沢不動のようです。


2023kyodaihaikyo (6)

水量は乏しいですが、滝のようなものもありました。

あとは、この付近から更に山奥に登る道が、

見つかりませんでした・・・!

地図を見た時点で難しいかな?とは思っていたのですが、
現地を散策してみて、これ以上は「道」と断言できるものがなく、軽い気持ちで分け入ると痛い目に遭いそうなため散策を断念しました。



■五葉の森



Twitterにて
「山の中にあるこの建造物は何かわかりますか?」
と聞かれて、分からなかったためその日の夜に行ってみることに。
ここもエリア的には中○○の最有力である中山町にほど近い場所…(新城市ですが)


2023kyodaihaikyo (14)

夜中に五葉の森へ到着。
ここから山道を登ってみることに。
夜の山はイノシシの気配が至る所からします。
ライトを振ると動物が驚く音がそこら中から聞こえてくるので真似しないでください。

GPSを頼りに山道を登っていくと・・・


2023kyodaihaikyo (15)

あ・・・


2023kyodaihaikyo (2)

紛れもなく展望台でした。

残念ですが展望台なら仕方ありません・・・

かなり老朽化している感じで、板の階段は踏み抜いてしまいそうで少し怖かったです。



■神石山の建築物?

2023kyodaihaikyo (12)

岩崎町に神石山という場所があるのですが、
Twitterにて「山の中に建物っぽい表記があるんですが・・・」
と情報をいただきました。

確かにGoogleMapで確認してみると建物の表示になっていました。

しかし、ここはただの岩場だと思っていました。はっきりさせるために実際に行ってみることに。


2023kyodaihaikyo (8)

まず、麓から山を見上げてみました。
うん。よくわかりません。岩に見えますが、建物があるのでしょうか。
巨大廃墟のヒントからすると、ここは合致する要素がないため、それも不安を後押ししてきます。


2023kyodaihaikyo (7)

自然歩道が近くまで伸びているはずです。
自然歩道の入り口は日吉神社の横にあります。
ここから登ります。
万が一、熊に遭遇しても困るためできるだけ音を立てながら登ります。(一人で)


2023kyodaihaikyo (10)

音を立てて歩いていたら、スズメバチが寄ってきました。
それはそれで困ります。
途中、ハイキングをしているご家族とすれ違いました。
流石にこういう場所に廃墟があったら早々に見つかってそうです。

そして、

到着しました。


2023kyodaihaikyo (11)

大きな大きな岩が広がっていました。

岩の上では、お茶をしたりご飯を食べている人たちが・・・。

なぜここが建物表記なんですか?Google先生。

実はUFO基地だって言うのであれば許してあげるのに。



散策から1~2年後、




きちんと「焙烙岩(西テラス)」としてマップに表記され、
建物表記も、修正されてしました・・、



■中藻の廃墟っぽい何か

2023kyodaihaikyo (9)

中○○ではないですが、豊橋港の近く、中藻に廃墟らしき跡があるのを見つけました。
四角い建物?が密集していくつも並んでいます。

場所は三河港大橋を渡りはじめる直前のあたり。
散策に早速行ってきました。が、どうやら私有地のようです。

この様子はYoutubeにもアップしてたりしてます。

2023kyodaihaikyo (16)

撮影された写真だけ入手しましたが、

どうやら魚(鰻?)の養魚場のようでした。

四角い建物跡はその大きいコンクリートの箱みたいになっていて、水を溜めていたのだと思います。






今回報告させていただく散策記録は以上です。

どこもかしこも道が険しい場所が多いため注意が必要でした。

豊橋巨大廃墟って本当にあったらいいですよね、仮にもう取り壊されていたとしても、それはそれでいいような気もしますし・・。

「きさらぎ駅」的なよく分からない世界線に迷い込んだってオチでも私は信じてしまうかもしれません。

見つかるにせよ、見つからないにせよ、納得できるオチがありますように。

巨大廃墟記事はだいたい月1くらいで報告したいです!


以上、お読みいただきありがとうございます。


  
関連記事
スポンサーサイト



2 Comments

キニナル

非常に興味深いです。

豊橋謎の廃墟、私も気になったので少し考えてみました。


【昭和59年で時間が止まってた大きな団地らしき2棟の建物。荒れた小さな公園、民家、集会所、池、放置された車。】


・山の中にある(らしい)
・団地、市営住宅みたいな集落 (集合住宅風かな)
・80年代に放棄

まるで鉱山町みたいですね。
山中にマンション公園店が揃っている都市みたいなものを築くのは鉱山周辺が多いですよね。
集会所は鉱山の居住区には見られます。お化けの噂(北海道の廃鉱とか)があるのもよくあります。

豊橋には嵩山鉱山というものもあるらしいです。
嵩山は探索されてましたね。近いのでしょうか。

豊橋には鉱山の博物館もあるそうなので、廃鉱もたくさんあるのかも。

豊橋の目星を付けている場所に鉱山があったら気に留めてみてくださいね。


それから、豊橋に伝統的な人形浄瑠璃があるそうです。
人形ってこれですかね?
牛山町の文化だとか。

検討違いなこと、もうわかっていることもあるかと思いますが、自分なりに色々考察してみた次第です。


当時の書き込み、まとめてあった分は読みましたが、廃墟自体が事実でもヒントには嘘が含まれてそうですね。
第三者がたどり着けないことに自信があるようで、レスから釣りを楽しんでいる気配があります。
気をつけないといけないかも。
豊橋近くでも市内ではないとか。
無意味なヒントもあるかもしれませんね。

2024/01/22 (Mon) 18:42

shinreisanpo

Re: タイトルなし

キニナル 様
コメントありがとうございます!!

豊橋は鉱山が多いのですが、石灰質で坑道を掘るような感じではないみたいです。ひたすら削って崩す感じですね。
石巻山という場所の下の三ツ口池の側に鉱山跡(東海鉱業金田工場)が残っていますがこんな感じです。
https://shinreisanpo.blog.fc2.com/blog-entry-252.html
ただ建物は残っていないんですよね・・・。、
今は
【中○○、車で10分、降りてから歩きで30分くらい。半径1キロ内に民家なし。】
のヒントに集中して探しています。
まだ見つかっていないですががんばります!

2024/01/27 (Sat) 00:43
shinreisanpo
人気ブログランキング人気ブログランキング