FC2ブログ
Admin New entry Up load All archives

豊橋心霊散歩

愛知県豊橋市を中心にしたマイナーな心霊スポットの紹介

太刀洗の井戸 石首 

愛知県豊田市 太刀洗の井戸
DSCN8167.jpg

昔、罪人の首を斬り落とし、その血を洗ったとされる井戸です。
分かりにくい場所にひっそりとあります。

続きを読む

こんばんは、豊橋心霊散歩です。
なかなか見つけにくい場所の散策をして参りました。
今回は、愛知県豊田市の坂上町にある「太刀洗の井戸」についてです。


その昔、罪人の首を切った太刀の血を洗い流したと言われる井戸で、
周辺の方もその井戸を忌み嫌い、用がなければ近寄らない場所らしいです。


場所の情報については、
新三河タイムス社様を参考にさせていただきました。
http://shinmikawa.blog.fc2.com/blog-entry-37.html

(その記事より引用)
国道301号線を下山方面に走り、360号線へ左折。4㌔ほど進むと左手に見える「六所神社・下宮本殿」側に噂の井戸はある。



ふむ。。
とりあえず、現地に行けばなんとなくわかるんじゃないかな。


とりあえず六所神社の下宮本殿に行けば良さそうです。



到着しました。


DSCN8206.jpg

DSCN8208.jpg

六所神社は六所山の麓にあります。
御神体っぽい石が丸見えですけど、清々しくて良い雰囲気です。
こういう地域にあった小さな神社が合祀された社はよく見るんですが、なんか生き生きした感じが伝わってきますね。


さて、では太刀洗の井戸を探しましょう。

案内板とかあるといいんですけど。。。やはりなさそう



情報をもう一度確かめます。
(記事より引用)
車を降りて坂道を100㍍上る。東宮口川にかかる小さな橋を渡って、草が茂った細道を30㍍ほど進む


DSCN8197.jpg


坂道は、おそらくこの道のことでしょう。

そして登って行ったんですが、

橋がいくつかある。。

どれだ・・・・


ここから探しました。
間違えた道に入ったりもありましたが、、、


DSCN8195.jpg

この橋。

一見、先には道がなく野が広がっているだけに見えますが、

情報では草が生えた道を進むようですし、、、




橋を渡り、右に進みます。


DSCN8194.jpg

ひらけた道に出ました。
遠くに廃墟?小屋?らしき建物があるのでおそるおそる進んでいきます。



DSCN8187.jpg


ん?




DSCN81872.jpg


あぁ!!





DSCN8173.jpg



見つけました!!

(実はもっと強引な見つけ方をしたのですが秘密です)


場所はこのあたりですね。







折角なので夜に散策しましょう。








DSCN8250.jpg

夜になりました。






DSCN8251.jpg

こちらが太刀洗の井戸です。

よくある丸くて底が深い井戸ではなく、底が見える洗濯とかできそうな水場でした。
この井戸は罪人を処刑したあと、太刀についたその血を洗った場所とされています。
このような刑場の史跡は全国に残っており、忌み嫌われる傾向が強いですね。土地の境い目に設けられているパターンが多いと思います。

近づくと不吉なことが起きる。

という言い伝えもあるようなので、この場所もその例外でなく、人の寄りつかない場所でした。



DSCN8271.jpg

たくさんの草が周りに生えていますね。
手入れをせず放置していたら子供が落ちて怪我をしそうなものです。
水底は見えるのですが、中には枯葉が堆積しているので足とか突っ込むのはやめておきました。


あと、この場所の不思議なものとして

「石首」

という、人の頭の形をした石が、井戸のすぐ上にあります。



DSCN8272.jpg

こちらです。
ちょっと見にくいかもしれませんが、石首です。
ぼやっと岩の表面の陰影が人の輪郭に見えませんか?




DSCN8273.jpg

刑場が機能していたのは600年以上前とされるですが、この石も当時からあったと言われています。
こんな岩が井戸の上に乗っていたら、気味が悪くて井戸を井戸として使う人が出ずに済みそうですね。

しかし、この石、
完璧に人の輪郭を模していない分、逆に怖い感じがします。



DSCN8248.jpg
DSCN8246.jpg

どうでしょうか。


悪いことをしたら首を刎ねられる時代ってのは時代劇とか漫画の世界で現実感が薄いですが、
こういうリアリティが残る場所も残っているんですね。

貴重な場所だと思いますので、今後も保全(放置)していってもらいたいです。


周辺は、ホタルも綺麗でしたよ。
水が綺麗で静かな良い場所です。


お読みいただきありがとうございました。



関連記事
スポンサーサイト



category: 未分類

thread: 歴史&スピリチュアル・ミステリー  -  janre:

CM: 0 TB: --   

コメント

コメントの投稿

Secret

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 愛知県情報へ にほんブログ村 歴史ブログ 神話・伝説へ