FC2ブログ
Admin New entry Up load All archives

豊橋心霊散歩

愛知県豊橋市を中心にしたマイナーな心霊スポットの紹介

【心霊】古人見ハウス前【浜名湖】 


最近、豊橋から離れたネタばかりで少し申し訳ないです。
大塚遊園にでも行こうか悩み中・・・。
本当に最近Twitter始めました、ついったは心霊ネタ多くておもしろいですね。
気軽にフォローいただけるとうれしいです。







古人見ハウス前



■古人見ハウス前について



心霊の噂が多い浜名湖からの紹介です。

浜名湖は以前、松見ヶ浦を記事に取り上げましたね。あそこはあまり怖くない場所でしたが

こちらはどうでしょう・・。






古人見ハウスはおそらく浜名湖でもっともそういう噂の多い場所です。

ネットでも検索いただければ古人見の噂は簡単にでてくるでしょう。


kohitomi01.jpg



古人見ハウス前とは浜松市の西区、古人見町にあるビニールハウス前を指す場所であり

幽霊の目撃例を見てもわかるように釣りのポイントです。

夏になるとキビレというヒレの黄色い鯛の仲間が狙える場所であり

幽霊の出る場所は魚がよく釣れるという法則が当てはまる場所なのです。






■どんな幽霊の噂があるのか



・白い着物をきた幽霊が水面に立っている。

・水面をあるく着流しの老人。




具体的には航路(船が通る水道、岸より少し離れていて深くて流れがある)の近くに

幽霊が現れるらしい。

浜名湖の航路図



さらに、古人見かどうかはわかりませんが

浜名湖には夜になったら船で通ってはいけない航路があり、そこは

霊感がない人でも必ず何かしら見えてしまうほどのやばい場所があるとの噂も。


幽霊をはっきりくっきり見たい私としては期待してしまいます。

それに水面に立っている幽霊って一度見てみたいですよね。

少し昔の時代の幽霊っぽいイメージがあります。




■ 現地調査


夜の8時に仕事を終えて豊橋を出発しました。

今回は暗視カメラに釣り竿3本と万全の状態です。

釣り餌も買いました。活きのあまり良くないユムシをちょっとだけ。

そして到着。




kohitomi02.jpg




車を邪魔にならない場所に停めて

周囲の撮影をしつつ、釣りの準備を始めました。


この日のコンセプトは
「幽霊が現れるのが先か、魚が釣れるのが先か」

どちらかきてくれるとうれしいのだけど・・・



土手から水面を見てみます。




kohitomi04.jpg




あー

情報どおり堤防のしたに陸が見えてますね。タモが届かないかもしれない。


ただ湖面は穏やかで流れもなく釣りはしやすそう。


航路もわりと近い感じなのかな?


kohitomi03.jpg








そんなことを考えながらいい釣り場所はないか歩き回っていると



目の前に猫がいました。?

茶色い猫がいるような・・・

でもゴミ袋かな、クラフト紙みたいなゴミ袋?麻布袋?




あーやっぱり猫だ。動いてる動いてる、見間違いじゃないわ

そのあと堤防からすべりおりるように移動・・・



ああ


んー・・・




猫じゃありませんでした。

茶色い塊は移動するときも塊のままでした。

手も足もないし、まるで風に飛ばされるようにどっかにいってしまいました。


もちろんゴミ袋でもなく・・・

なんだったんでしょう。



そのとき不思議なものが見れて少し嬉しくなってきました。



そして意気揚々と釣りの準備をしていたところ





ぼすん ぼすん ぼすん




???


音が真横のビニールハウスから聞こえました



真っ暗なビニールハウスを誰かが叩いているようです。





kohitomi05.jpg




人か?

そんなわけない・・・真っ暗だし、そうすると再び




ぼすん ぼすん ぼすん




小雨はあるけど風はなし、周囲に人の気配なし、動物の気配もなし

お化けでしょうか?お化けでしょうか!?

でも

噂とすこし違いませんか?




と、まあ、このような感じでそれからも不可解な物音は散々しましたが


結局、水面に立つ幽霊は見れず、

いろいろな物音の正体もつかめず、、


kohitomi08.jpg



しかし怪しい雰囲気は存分にありましたので是非また来たいです。


今回は平日だったので0時くらいに帰りましたが

丑三つ時くらいまでは粘ってみたいですね。








■ 釣果


kohitomi06.jpg



魚もちゃんと釣れましたよー

はじめて来た釣り場だったので望み薄と思ってましたが

キビレが釣れましたー

kohitomi07.jpg


ハリス5合のナイロンでしたが勇気を持ってぶっこぬきました。

そこまで大きくないサイズだったのが幸い。

キビレの味はイマイチでしたが、平日の良い過ごし方ができました。



最後に、

Twitterのこれは本当の話です。蜘蛛嫌いな方、行く時はご注意をw

豊橋心霊散歩 ‏@shinreisanpo 9月14日

草むらをライトで照らした。
玉虫色のような光の粒の反射が一面に広がった。
幻想的な光景に見とれつつ、
きっと雨露が降りて反射したんだろう。
そう思ってより間近に近付いた。
見えたのは足の踏み場もないくらい群生した蜘蛛、蜘蛛、蜘蛛蜘蛛。
浜名湖の蜘蛛の目はとても鮮やかに反射するようです...




関連記事
スポンサーサイト



category: 静岡県浜松市 心霊スポット

CM: 0 TB: --   

【心霊スポット】坂野坂トンネル【蒲郡】 






前回、蒲郡の鉢地坂トンネルに続いて蒲郡の心霊スポット第2弾です。





坂野坂トンネル

豊橋から三河安城駅の間にある新幹線のトンネルです。

愛知県幸田町坂野坂峠の下を通る約2.2kmのトンネル。

ここは数多くの噂があり、いろいろな書籍やサイトで名前があがります。


残念ながら私自身は豊橋の人なので蒲郡の歴史には詳しくなく
このトンネルの細かい歴史については今回調べきれませんでしたが
豊橋駅から簡単(?)にアクセスできる心霊スポットとして
新幹線から動画をとったりしてきましたので紹介していこうとおもいます。






坂野坂トンネルにまつわる怖い噂


・トンネルの壁(新幹線の窓ガラス?)に男の顔が映る。
・トンネル内を徘徊する男の影。
・トンネル通過中に新幹線の乗降デッキに生首が現れる。
・トンネル新設の際に工事の事故で5人の作業員が事故で亡くなった。作業員と思われる男の霊が出る。
・5人の名前を彫った慰霊碑が名古屋寄りのトンネル出口に作った。
・名古屋寄り入口から200mほどのところに血溜り(血のような赤い水たまり)がある。
・慰霊碑を立てたが血溜りのある場所(事故現場?)に移動してしまう。(東京発、大阪行きの最終列車の左側)
・東京発、大阪行きの最終列車のトンネル出口直前で作業員の姿が窓に映る。
・雨の日に白い服の女の霊が出る。




たくさんの噂がありますね。

主にトンネル開設時に事故で生き埋めになった作業員の霊のようです。
目撃談は乗客や乗務員の方からで最近の噂はあまり聞きません。

まずはトンネルの入口を見に行ってきました。



tonneliriguchi.jpg


東側のトンネル入口ですね。

フェンスが邪魔でうまく撮れていないですが

この辺りはJRの見回りがあって深夜に行くと別の意味で怖いです。

見回りって言っても車での見回りなんで声をかけられることはないと思いますが、、、

私も怪しいと思われがちな行動をしているので、無駄に緊張しました。

ちなみにトンネルの外には怖い噂はとくにないです。



では、トンネルの中に入ってみましょう。

ekihome.jpg



当たり前ですが新幹線に乗り込みます。

トンネル内に侵入するのは犯罪ですし、怖い噂はあくまで新幹線の中でですからね。

残念ながら噂にあるように大阪→東京の最終列車(おそらくのぞみ)ではありませんがご容赦を・・・・



今回の目的は慰霊碑です。


慰霊碑があるなら見えるんじゃないかということです。

噂ですと西側の出口から200mくらいとのこと。


肉眼でも探してみたのですが、見つかりませんでした。

動画もとってきたのでその200mくらいのとこの画像を切り出してみました。


KudariOsakaside200m.jpg


NoboriOsakaside200m.jpg

ピントが合わず申し訳ないです・・・


画像はそれぞれトンネルの壁の両側をとっています。


一応反対側の東側200mのとこも撮っています。

KudariTokyoside200m.jpg


NoboriTokyoside200m.jpg


思ったよりも明るく撮れていますので

何回かリベンジすれば綺麗にピントを合わせることができると思います。

何回かリベンジすれば・・・





ちなみに怖い体験はできませんでした。

それよりも車内で赤外線カメラで撮影しているもんで駅員さんに注意されないか心配でしたね。






動画はこちらです。

かなりお見苦しいです。



坂野坂トンネル のぼり


坂野坂トンネル くだり







新幹線でよくこの坂野坂トンネルを通過するという方も
是非、窓から慰霊碑がないか探してみてください。



関連記事

category: 愛知県蒲郡市 心霊スポット

CM: 4 TB: --   
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 愛知県情報へ にほんブログ村 歴史ブログ 神話・伝説へ