FC2ブログ
Admin New entry Up load All archives

豊橋心霊散歩

愛知県豊橋市を中心にしたマイナーな心霊スポットの紹介

【雑記】金縛りについて 



金縛りについて。

金縛りについて皆様はどう考えているでしょうか。

「金縛り」というものを体験されたことはございますか。

今回は心霊スポットを調査した話ではなく、金縛りについて思うことをだらだらと書き綴る感じでいきたいと思います。






そもそも金縛りなんてものは科学的に証明されたものですよね。

入眠時には幻覚が起きやすいですし、身体が動かなくなるのもレム睡眠で脳だけ起きているという状態で説明ができます。

心霊関係の話でありながら霊感(?)に特に関係なく、いろいろな人が体験することからも納得できます。

かくいう私もこの金縛り(?)に10年前から毎週1度は襲われていますし、酷い時は、眠る→金縛り→起きる、を朝まで繰り返すことがあります。

こんななので私自身、金縛り中に視覚、触覚、聴覚が正常に機能しているのか昔から気になっていました。

金縛り中というのは基本的には寝床で動けない中、幽霊が見えた、話しかけられた、上に乗られたなどの現象が定番なのですが、その際に見える部屋の風景などの周囲の状況まで、そっくり作り上げた幻覚なのかどうなのか気になったのです。

heya.jpg





実験をしてみました。


金縛りになる人はわかるかと思いますが、体はまったく動きません。

ですが指先だけならなんとか動きますよね。

そこで部屋の照明のリモコンを手に握り、
スイッチONボタンに指をかけて、
押せば部屋の照明が点灯するという状態にした上で眠り、金縛りにのぞんだわけです。


実験の結果としては照明のスイッチを押しても押しても照明はつきませんでした。
(照明を明滅させれば流石に起きるはずですが、起きませんでした。)

少なくとも触覚は幻覚として騙されているようです。

おそらく見ているものも触れているものも聞こえているものも全て夢なんでしょうね。

そう考えれば金縛り中に怖いものに遭遇してしまっても安心じゃないでしょうか。

気分を変えて幽体離脱の練習でもすると楽しいです。

どんとこいちょうじょうげんしょうー!です。







でも違いますよね。

結局怖いものは怖いのです。

百物語で知られるSF作家の平谷美樹先生もおっしゃられてますが

幻覚だろうが気のせいだろうが、その人は確かに恐怖を感じている。その恐怖は紛れもなく本物だ。ということです。



蛇足ですが、金縛りってそもそもどういうときに起こるかはご存知ですか。

レム睡眠の状態でもそうですが、もっと根本的に言えばストレスや環境の変化です。

私自身、枕を変えたり、部屋の明かりをつけっぱなしにしたりすると大体金縛りに逢います。

ストレスや環境の変化と言っても本当に些細な、自分でもあまり気にならないことがトリガになりうるということは、

そのストレスや環境の変化そのものが、心霊的なものによって引き起こされる場合がある。ということは考えられないでしょうか。



部屋に幽霊の気配があって、その雰囲気の気持ち悪さが金縛りを起こすのではないでしょうか。

幽霊など見えなくとも、なんとなく気持ち悪い…が、金縛り、幽霊の幻覚のトリガになるかもしれないのです。

そうしたとき、

部屋の中、枕元に立っている幽霊に、

姿かたちをあたえてしまっているのは、私達なのかもしれないということです。



私はこういう考えもありなんじゃないかと思います。


関連記事
スポンサーサイト



category: 未分類

CM: 0 TB: --   

【非心霊】赤岩緑地【散歩】 


お久しぶりです。
半年でしょうか。ブログを更新しますのは。

心霊なのか散歩なのか釣りなのか
ぶれぶれでやっておりますが、
そろそろ暖かい季節になってきましたし、
再開してもいいんじゃないかと、思いました。

私生活が忙しいので
なかなか定期的に更新するのは難しいですね。
あと最近人と上手く話せなくなってきました。
色々とぶっこわれ気味な生活をしてるんですが
楽しく生きられたらと思います。





散歩 赤岩緑地~愛宕神社




01_akaiwa.jpg


廃墟を探しつつグーグルマップを見ていたら「森の中に建物が!」と
思って、衝動的に飛び出した去年の夏。

結果的にそれは愛宕権現という場所でした。
グーグルマップの建物の所在と表示名が若干ずれていたこともあり
とにかく行って確かめてきました。

※注意 心霊スポットではありません。。




グーグルマップですが表記ずれていないですね。

それに、以前は愛宕権現ではなく、愛宕神社と表記されてたような気がします。

02_akaiwa.jpg

赤岩寺からハイキングコースが伸びているようです。

相変わらずの真夜中の散歩ですね。

あと真夜中の山に一人で入るのは危険なので、あまり真似しないほうがいいです。


03_akaiwa.jpg

半年前に撮ったので画像になにが写っているのか思い出せません。

川の上流にある広場の辺りを撮っているんだと思います。


04_akaiwa.jpg

広場です。

きっと昼間は子供連れの親子とか遊んでるんでしょう。

深夜に一人でいるとこういう開けた空間は不安になるばかりです。


05_akaiwa.jpg

川を渡って愛宕権現のある山中に入るため川沿いの階段を下りてます。

滑りますので注意。


06_akaiwa.jpg

相変わらずの光量不足。

小さい堤があります。


07_akaiwa.jpg

川を渡り、GPSを頼りに山中に分け行ったところ(危険です)

ベンチのある広場に出ました。

ベンチは枯葉だらけで頻繁に人が来ている形跡はありませんでした。


08_akaiwa.jpg



適当に道らしい道をみつけて進んでいくと

神社っぽい雰囲気になりました。

林間広場とはさっきの広場のことでしょう。

順路をまるっきり無視しているようです。


09_akaiwa.jpg


そんなわけで愛宕権現に到着しました。

いつものように深夜の神社では明かりを消して参拝します。

いちおう神様を祀っていますからね、

深夜の神社にくるときはいつも緊張しているんです。



帰り道、お地蔵さんを見かけました。

10_akaiwa.jpg


どうやらこちらが正規ルートのようですね。

ちなみに散策したのが9月だったんですが草葉が多すぎて

道だったであろう場所が道じゃなくなっていました。

昼間にハイキングに行かれる方はお気を付けください。

11_akaiwa.jpg


これはなんだろう。。。

雑草をかきわけながらなんとか戻ってきました。



13_akaiwa.jpg


なかなかにハードな散歩となりました。

虫と友達になれそうです。



さて、なんでこんなところ調べていたかと言うと

巨大廃墟探しです。


一応ヒントの中にも「赤岩~東名高速」ってありましたしね。

あとは「マル」かなぁ。

マルがなにを指すか謎なんですけど

仮に東三河環状線のことだと仮定して考えて調べていました。

東三河環状線は豊橋を囲うようにマルを描きますよね。

環状線の計画時期から考えれば「昭和40~50年代前半」ってヒントも怪しいし、

「赤岩~東名高速」も繋がってきますよね、。


しかし結局廃墟の手がかりなんて見つからなかったわけです。


12_akaiwa.jpg


画像は去年の牛川のトンネルです。

今ではもう開通してますね。

便利になったかな?
関連記事

category: 未分類

CM: 3 TB: --   
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 愛知県情報へ にほんブログ村 歴史ブログ 神話・伝説へ