FC2ブログ
Admin New entry Up load All archives

豊橋心霊散歩

愛知県豊橋市を中心にしたマイナーな心霊スポットの紹介

【心霊スポット?】石巻山その1【UFO】 

<2015.6.24>

ishimaki (2)






石巻山













そもそも石巻山は心霊スポットなのか。

私の意見としては今のところ否定的である。


なぜなら幽霊の目撃談や事件事故、歴史上の暗い出来事が見つからなかったからだ。


しかし密教だのパワースポットだのUFOだの神秘的な話は多いし、

昔話的にもいろいろなネタ満載な場所であるのは間違いない。


まぁ怖くない場所だけど散歩がてら行ってみよう。


そうだー。せっかくだから

UFOの日である6月24日に登ってUFO観測をしよう!

と言うことで、今日この日に石巻山に登ることにしました。


(ちょっとネタが多い場所なので何回かパートに分けようと思います。)








国道379号を走ってゆき・・・・



ishimaki (1)




(なんという疾走感)

石山荘さんの看板を目印に右へ曲がっていき、

5分ほど車で走ると石巻神社付近に到着です。



ishimaki (3)

(カメラの補正でまるで昼間のようですが午後7時過ぎです。)

この場所でも遠くまで見渡せるくらい景色は良いのですが

頂上を目指して歩きつつ、周辺のパワースポット?を抑えていきます。


ishimaki (4)


石巻神社入口の横にドーンと「山桜の小径」と書かれた石。

おそらく春に来ればこの付近の道は桜が咲くのでしょう。



ishimaki (5)


「山桜の小径」の10m右くらいに鳥居があります。

石巻神社への入口です。

鳥居の先は階段になっており、上社に行く途中の横道が石巻山への登山口になっています。


ishimaki (6)



せっかくなので石巻神社を見学しましょう。

手水舎ですね。ここで手を清めてから石巻山に登るのがセオリーらしいです。

心霊的な期待も込めて敢えて手を洗わずに今日は登ります。



ishimaki (7)


3つ目の鳥居をくぐると、いよいよ上社です。

せっかくなので参拝は行います。


ishimaki (8)


山の上にあるのに綺麗な神社です。

誰そ彼時には間に合いましたので、神様もまだお休みにはなられてないことでしょう。

ちなみにここの祭神は大己貴命(おおなむちのみこと)で、とにかく偉い神様なのです。








ishimaki (82)


参拝を終えていよいよ登山道へ

このしろ池を回って各パワースポットを抑えていきます!


と言いつつ石巻山城址をスルーして、

よく分からない社です。

ishimaki (9)


説明や看板なし・・・

なんでしょう。誰か知っている方は教えてください。



ishimaki (10)


次にこのしろ池付近の不動堂です。

綺麗な水場に不動明王ありです。多米峠にもありますね。

修行の場であったことが伺えます。


ちなみに全体通して20~30分の登山道なので歩くとすぐに次のパワースポットにたどり着けます。


ishimaki (11)


このしろ池です。
飲めば恋人云々の縁結びの効果があるらしいとのこと。
飲みたい方はぜひお試しあれ。

ishimaki (12)


小話ですが、

このしろは魚のことです。昔この池にこのしろが潜んでいたという昔話があります。
ちなみにコノシロはコハダが成長したときの呼び名のことで、昔から庶民的な魚として食されてきましたが、
基本的に酢でしめて食べますね。というのも、焼いたときの匂いがキツく、まるで人を焼いたときの匂いに似ているそうです。


ishimaki (13)


続いて蛇穴です。
ここも恋愛云々の~~~~があります・・・
ブログとしては盛り上がりに欠けますので詳しいところはお調べください。。。


ishimaki (14)


ここに来るまでは、蛇穴の内部に侵入するつもりでいましたが、

入口が狭くて断念、奥行13mなのでなんとか入ってみたかったんですが

途中で詰まりそうです。



ishimaki (15)


ダイダラボッチの足跡です。

巨人の昔話が大変多い豊橋市ですがこれもその1つ。

ダイダラボッチが何を思ったのか本宮山と石巻山をまたいで小便したとき、その御小水の流れが豊川になったそう・・・?です。

昔話の規模と石の凹みの大きさを考えると、もっと大きくてもよい気がします。



ishimaki (16)


天狗岩です。

普通の人は日中に石巻山に登るので、
ここで写真を撮るとちょうど逆光になり、そのシルエットが天狗様のようになるとのこと。

残念ながら今は夜なので人工的なその御背中が丸見えです。



しかし、天狗伝説あるとこころにUFOあり。

いよいよ頂上です・・




続きます。

石巻山頂上の夜景は綺麗でした。

ishimaki (19)


122KB (1382 x 1036)

関連記事
スポンサーサイト



category: 愛知県豊橋市 心霊スポット

CM: 6 TB: --   

【心霊スポット】オレンジロード【多米→湖西】 

orangeload (3)




上の画像は多米トンネル内部です。
今回は、多米峠の湖西側、正確には湖西市になるのですが
俗称「オレンジロード」と言われる広域農道に向かいます。





orangeload (1)


国道4号線から多米峠入口に入ります。
少し寝過ごしたせいで空がにわかに白んでおります。


orangeload (2)

程なくして多米トンネルに到着しますが
今回はここは素通りし、目的のオレンジロードに向かいます。

以前の記事>>
多米トンネルその1
多米トンネルその2
多米トンネルその3

orangeload (3)

多米トンネルは今日も異常ありません・・・



オレンジロード

多米トンネルを抜け、国道4号線を700mほど進むと
大きく右に曲がるカーブがあります。
広域農道、通称「オレンジロード」への入口です。



orangeload (4)


このオレンジロードですがちらほらとネット上に怖い噂があります。



・規制がゆるかった頃、峠道として攻める人が多かった為、
 死亡事故で死んだ人の幽霊が出る。
 (特にバイクでの走り屋が多かった。現在は二輪通行禁止)

・丑三つ時にラジオをつけて走っているとお経が聞こえてくる。

・近くに幽霊屋敷がある。

・バイクの音だけが聞こえる。
 (バイクが登ってくる音が聞こえるが、カーブ手前で音が消える。)

・叫び声が聞こえるカーブがある。



やはり多米峠付近は以前走り屋さんが多かった模様。
私も大学時代に伊勢神峠でドリフトする先輩に同乗させてもらい
2回くらいあ・・これ死んだと思ったことがあります。
多米峠もそうですが走り屋対策がされてからは
そういった事故が起きたということは聞いたことないですね。


ちなみに俗にオレンジロードと地元の人に言われているこの広域農道、
そもそも広域農道とは何ぞや、となりますがwikiによれば


農村地域に散在する農地を一つの団地と捉え、集出荷・加工プロセスの一元化などにより産地としての市場競争力を高めることを目的とした農道。


要するにみかん畑の各農家のための道です。
みかんなのでオレンジロードってことのようです・・・
(蒲郡のオレンジロードとは一切無関係)



さてさて、
駄文を並べるのはこの辺にして探索の方を、、、



orangeload (5)


今回も小雨が降りしきる中、
ぎりぎり丑三つ時の時間帯に探索をはじめました。
まず目指したのは叫び声が聞こえるというカーブの場所です。



orangeload (6)

噂によれば、「上ってきて、きついS字のあとの左の複合のとこ」
私の予想ですが地図に示した場所だと予想します。
登りならばカーブの出口、下りならばカーブの入口になっていて
安全な速度で走っていればまず事故は起きないでしょう。

あと叫び声って聞くとどうしても女性の声をイメージしてしまいますが
実際どうなんでしょうね。


orangeload (7)



次の噂ですが、
丑三つ時にラジオつけて走ってるとお経が聞こえてくるとのこと。
金縛り中にお経が聞こえてくることが何度かある私ですが、
今回も積極的に検証していきます。


録音してきました。が、
時間が丑三つ時を過ぎ、鳥が起きてきてしまいました。
(音量を少し絞ってください)
MOV_0005.mp3





流石にお経を聞こえてこず、、、
特に不自然な感じも受けませんでしたがどうでしょう?


orangeload (8)


あと幽霊屋敷があるなんて噂もありましたけれど
ちょっと情報が少なく探しようがないですね・・・
それに湖西なのでブログの目的からも少し逸れますし。


orangeload (9)


夜中の1時くらいにくるとそれなりに不気味な感じはするんですが
空が白んでいるため今は雰囲気にかけますねぇ・・・
撮影するにはなかなか良い暗さでやりやすいのですが、
肝心の怖さが現地でも感じないのは失敗でした。


orangeload (10)


そんなわけで麓まで降りてきました。
夏の夜明けは本当に早いですね。
釣りをしてても朝マズメが一瞬で終わってる気がします。


次回はどこに行きましょう。
できれば今までスルーしてた石巻山にUFO探しに行きたいですね。
6月24日に因んで付近のUFO目撃談も交えつつできたら良さそうです。


category: 静岡県湖西市 心霊スポット

CM: 0 TB: --   

【心霊スポット】三ツ口池 その3  


三ツ口池 その1
三ツ口池 その2

mitsukuchiike2_ (20)









三ツ口池 




先ほど、三ツ口池に行ってきました。

今回の目的は、三ツ口池の奥。

***********************************************
上には更に3つの池があり2つ目には小さい蛇穴があります。
池の奥にある用水路に山中へ続く階段があります。
〇ヶ丘から〇ツ口池までの間には人には知られてない大きなダムが2つ、
付近の山には宗教団体や潰れた建設会社などの廃墟が多数あります。
〇ツ口池の上にある数個の池までは池奥にある用水路から1時間近く歩きます。

***********************************************
上の文章は、
豊橋巨大廃墟を紹介されていた方の2chの書き込みなのですが、
三ツ口池周辺にはまだ多くの謎があるようですね。


なんとなく気になるのは、
〇ツ口池の上にある数個の池までは池奥にある用水路から1時間近く歩きます。
の部分。

地図上ではそんなに距離はないですよね


このとき同じタイミングの書き込みで、
巨大廃墟は車で10分、降りてから歩きで30分くらい。半径1キロ内に民家なし。
と、ありました。

この書き込みが指す、1時間近く歩く距離と歩きで30分くらいの距離がどれほどのものか、
少しでも豊橋巨大廃墟を見つける手がかりになればと思いたったわけです。






今日は朝から雨でしたが、夕方には晴れました。

雨の日に出るという幽霊の心配はおそらくないでしょう!

mitsukuchiike2_ (1)

森の中を歩くことになります。
今夜は月もなく暗いためヘッドライト+簡易ランタンでアタックします。

出発時刻(23:10)

mitsukuchiike2_ (2)


池の横にある舗装道を進むと、池の奥に通じる道に繋がります。
ここはいつ来ても風が強いです。


mitsukuchiike2_ (3)


このチェーンの先から舗装されていない山道になり、池の周囲を沿って進みつつ
池の裏にある数個の池へと行くことができるようです。
(以前夜中に一度散歩に来たことがあります)

mitsukuchiike2_ (4)


なかなかに暗いです。
山の中の探索は釣り用のオーバースペックのヘッドライトがあればいいかもしれないですね。
高くてなかなか買う気になりませんが。。


mitsukuchiike2_ (5)


しばらく歩くと豊川用水の管理施設が見えてきます。
位置的にはスタート地点の対岸。書き込みにあった池奥とはこの辺でしょうか。

時刻(23:21)

mitsukuchiike2_ (6)

立ち入り禁止には入らないスタンスなのでスルーします。
現役施設ですし、幽霊より刑法のほうが怖いです。


mitsukuchiike2_ (7)


いい感じの廃車があったので記念撮影。
フラッシュは焚かずにランタンの明かりだけで雰囲気を演出してみました・・・w


mitsukuchiike2_ (8)


しばらく行くと分かれ道に出くわします。
確か以前散歩したときは左手に行きました。
石が多くて歩きにくかった記憶があります。
今回は奥の池を目指すため右にルートをとります。


mitsukuchiike2_ (9)


少し草木が多くなりました。
ここの道は突然開けたり、突然狭くなったりとします。



そして
1つ目の池付近、
地図上ではダムのような堤のマークのある傍まで来ました。


建築物発見です。


mitsukuchiike2_ (10)


見た感じ廃墟のようです。
場所的には豊川用水の管理施設の一つだと思われますが、
全体的にプレハブに見えますし、寝泊りしないことを前提の物置や倉庫だと
予想できます。


mitsukuchiike2_ (13)


トイレ。
ドアと窓はどこに行ってしまったんでしょう。


mitsukuchiike2_ (14)


入れそうなのはここくらいでしょうか。
侵入はしません。既に服が雨露でびしょびしょですし・・・

mitsukuchiike2_ (12)


大きなタンク。
建物はこのくらいでした。
明るいときにくればもっといろいろ見つかるかもしれません。仕方ないですね。


mitsukuchiike2_ (11)


2つ目の池を目指してさらに奥へ進みます。

時刻(23:27)

mitsukuchiike2_ (15)


ホタルがチラチラ飛んでます。
水の流れる音がすぐ近くで聞こえてきます。


mitsukuchiike2_ (16)


道の脇に大きな四角い箱のようなものがありました。
見てみましたが用途分からず。

戦時中に使った何かか、用水関係の何かでしょう。
ちなみに中には誰も入っていませんでした。

mitsukuchiike2_ (17)


しばらく行くと行き止まり。

2番目の池は発見できず(気づかずに通り過ぎた可能性アリ。)
蛇穴や階段も発見できず、というか全然暗くて見えない。
昼に出直す必要がありそう・・・

探索終了 時刻(23:38)


mitsukuchiike2_ (18)


帰りがけにゾクゾク来た場所で一枚撮影。
何も居ませんよね?

mitsukuchiike2_ (19)


そんなわけで三ツ口池付近まで帰還。
行き止まりだった付近でGPSの位置確認をしましたが、
2つ目の池はとっくに通りしていました。
それでも所要時間は池奥の用水路付近から20分ほど。

私が場所を勘違いしてないのだとしたら、
2chに書き込みのあった”豊橋巨大廃墟まで徒歩30分”も、
あまり信用しないほうがいいのかもしれません。


mitsukuchiike2_ (21)




いずれにせよ、情報を裏付ける発見が乏しかった探索なので
昼時に再探索した方が良さそうですね。


また来よう。三ツ口池。
関連記事

category: 愛知県豊橋市 心霊スポット

CM: 10 TB: --   

【昔話】三つ圦の主【豊川】&【心霊】松見ヶ浦【浜名湖】 



最近気が狂ったように釣りにのめり込み・・・
毎日仕事が終わってから釣りに行くためにBLOGの更新が
遅れていく・・・・

仕方がないので、

幽霊が出る釣り場や、昔話の舞台にもなった釣り場に行ってきました。





mitsuiri0.jpg


豊川放水路の前芝大橋付近を舞台に語られる昔話があります。

当BLOGがよくお世話になっている資料

toyohashihyakumonogatari.jpg
豊橋妖怪百物語



この本によると、、、

昔話、、

 三つ圦の主の祟り



豊川放水路の河口付近は
 ・豊川放水路
 ・豊川
 ・三河湾
の3つの潮の流れがぶつかり、それが渦を巻くようで
昔、漁師たちは不気味な淵として寄り付かなかったそう。
(すごい釣れそうな場所!と私は思いましたが。)

その3つの潮がぶつかる場所を三つ圦(みついり)と言い、
そこには主(魚?)が住むとされ、
その川の主をもしも見てしまったら祟りが起きると信じられていました。

ある日、村の屈強な男が主を見かけ、持っていた弓で主を打ち抜きます。
矢は主の目に刺さり、暴れた後、水の中に沈んでいきました・・・
一年後、
その男は主の祟りに遭い、死んでしまいます。




場所を見てもかなり海に近いこの場所、


昔話の中では、川の主は大鱸と記載されていますが、
湾内に入り込んだシャチではないかという一説もあるようです。

シャチは温暖な海なら世界中どこの海でも生息できる生き物なので、
(wikiに地球上で最も広く分布する哺乳類の一種と書いてあります)
祟りというのも天変地異の前触れとして、クジラ・イルカ・シャチが河を遡上してきたと
考えると納得できます。



とにかく、釣りをしてきました!
イルカでもシャチでもクジラでもなく本当に大鱸かもしれないですし、

mitsuiri1.jpg


もちろん夜釣りです。
心霊ブログですし・・・


昼間だとこんな感じ

mitsuiri11.jpg



上流側の前芝大橋
mitsuiri2.jpg


ここも昼間だとこんな感じです。
mitsuiri22.jpg



思い立って何も考えず来てしまったため
干潮で潮止まり。
アタリすらありませんでした・・・。











ちょっと心霊要素が足りなさすぎるので、
釣りがてらに行ってきた場所を一つ紹介。


豊橋ではないですが、、、

浜名湖 松見ヶ浦



この場所、海岸沿いをずっと行くと岸まで車で下りられる場所があるんですが、
なんでもそこには幽霊が出るらしいとのこと。

竿を持って即行ってきました。


matsumi1.jpg



暗すぎて何がどうなってるのかわかりませんね。
写真の場所がどの辺りにいるかというと、、


matsumi5.jpg


緑の矢印のとこです。
ちなみに矢印の右手にあるのでが宇津山です。

matsumi2.jpg


岸まで車を出せるため
水上バイクや釣りのための小舟をここから出す人もいるようです。


夜はこのあたりは全く人気がなく、
宇津山の林の中からは、何かの生き物の気配がします。
釣りをしてたとき、誰か林の中を歩いてるのか?と疑問に思う感じですね。


またあるときは、黒猫が釣りする私の真後ろにいて驚きましたw


matsumi3.jpg




釣りの方はと言うと、、、キビレさんを狙っているのですが
今は松見ヶ浦の方にはいらっしゃらないようでした。





matsumi4.jpg






今回豊橋とは違い、浜名湖の心霊スポットを紹介してしまいましたが、
浜名湖は釣り場的にもマイナーな心霊スポット的にも非常に興味深い地なので
ときどき紹介していきたいと思います。






関連記事

category: 昔話

CM: 2 TB: --   
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 愛知県情報へ にほんブログ村 歴史ブログ 神話・伝説へ