FC2ブログ
Admin New entry Up load All archives

豊橋心霊散歩

愛知県豊橋市を中心にしたマイナーな心霊スポットの紹介

【昔話】十三本塚【供養】 

日本各地には十三塚と呼ばれる石碑群のようなものがあり、
十三塚と呼ばれるように、それは13の石碑や塚が密集しているとのこと。

その意味には諸説あるし、地域によっても由来は異なりますが、
処刑・戦死者・戦で死んだ武士などの供養のために作られるのが主な感じです。

埋蔵金の隠し場所・・・!なんて一説もあって、以前
テレビ番組で取り上げられていた気がしますね

今から話題に取り上げる、
豊橋の昔話「十三本塚」も、おそらく十三塚に類するものでしょう。

(文献によっては十三本塚ではなく十三塚となっているものもありました)



豊橋昔話 『十三本塚』
13duka1.jpg




時代は戦国時代
ここ、東三河は海道一の弓取りと謳われた今川義元によって治められていました。
しかし、1560年の桶狭間の戦いで今川義元は織田信長の軍勢に敗れてしまい、
これがきっかけで、今まで今川家に仕えていた武将たちは今川家を離れてしまいます。

1280px-Bishū_Okehazama-gassen
桶狭間の戦い

当時、武将は、主君との信頼関係の証(裏切り防止として)に、自分の妻子を人質として差し出す制度がありました。
武将たちの裏切りを知った今川家は激怒し、裏切った武将の人質13人を龍拈寺の門前に並べます。
ryunenjisanmon.jpg龍拈寺 山門

ryunenjihondou.jpg龍拈寺 本堂

kannonndou.jpg龍拈寺 観音堂

そして、大きな槍で13人をまとめて串刺しにし、処刑したそうです。
遺体は中野新田に葬られ、そこを十三本塚と呼ぶことに。
それからというもの、旅人が13人の幽霊を目撃するという事件が多発し、村人たちも震え上がり
手厚く供養することでなんとか亡霊の供養をしました。





一応この話にも諸説あり、
罪人が槍を13回刺されるまで死ななかったので十三本塚。という説が書いてある本もありました。
(豊橋の史跡と文化財 第三版  豊橋市教育委員会 平成10年3月)

十三本塚の本来の場所についても曖昧なところがあり、
現在一番有力なのが、豊橋市富本町です。
富本町の向坂家には十三本塚と呼ばれる塚があるとのこと・・・。
この塚は処刑された13人のうち浅羽三太夫を祀っていることから姫塚とも呼ばれます。
googlebooks1.jpg
google books 浅羽三太夫

富本町はトミモト(十三本)と文字っていることからも関係が深いのでしょう。
周辺には石碑や地蔵尊が点在しています。








13duka2.jpg
国道259号線 高師口交差点



13duka3.jpg
高師口交差点の西南角 石碑の供養塔
「奉納大乗妙典 右大崎・左田原道」




13duka5.jpg
小池町 福岡地蔵尊①



13duka4.jpg
福岡地蔵尊②



13duka6.jpg
福岡地蔵尊③ 処刑された方の名が記されてます。




関連記事
スポンサーサイト



category: 昔話

CM: 0 TB: --   

【昔話】お弓橋【民話】 

豊橋巨大廃墟について調べるため何度も山を登る羽目に。。。
しかし一向に成果が上がらない。

最近少しずつ当BLOGへの訪問数が増えてきているので
このまま廃墟捜索のため更新凍結と成らぬ様、しなくっては。
何か記事を書くことにしようと思う。







皆様は人魂を信じているだろうか。

妖怪でも幽霊でもUFOでもUMAでもなく『人魂』


SekienHitodama.jpg
鳥山石燕『今昔画図続百鬼』より「人魂」


私が子供だった頃はTV番組の心霊特集が頻繁にやっていた印象がある。
そこではよく墓場に定点カメラを設置し、人魂の映像を撮る、という内容があり、
当時幼かった私には、墓地に揺れる火の玉がとても印象的だった。

人魂は海外ではウィルオウィスプと呼ばれたりする。
このように人魂は世界的に認知度の高い怪現象の一つに挙げられることから
科学的な調査が常にされてきた現象でもある。

土葬によるリンの化学反応、球電現象、プラズマ、錯覚…

しかし難しく考えずに言えば、そんな高尚な現象の可能性よりも
誰かのいたずらや、不思議ちゃんの体験談と捉えると簡単に納得できてしまうかもしれない。

私の好きな百物語を執筆した平谷美樹氏が云うように
心霊現象を科学で解明できたところで、その人がその場で体験した恐怖は
紛れもない事実であると思う。






お弓橋



oyumibashi2.jpg



豊橋にも、そんな人魂がでるという場所がある。


oyumibashi0.jpg




豊橋の牛川薬師町と美園町を分ける川にかかる橋…お弓橋には、
2つの人魂が出るという昔話がある。


このお弓橋に人魂が出るようになった経緯については諸説あるが、
一般的なものを簡単に説明すると、、、

牛川にお弓という娘がいた。
お弓は裕福な家に生まれ育った。
お弓は三味線を習うために、川を越え、吉田城下町の瓦町に通うようになる。
そこで三味線の師である京之介という男と恋におちた。
しかし、当時は身分相応の相手との付き合いが求められたため
お弓の父は二人の仲を許さなかった。
京之介と結ばれない人生に絶望したお弓は、
井戸に身を投げて死んでしまう。
京之介もまた大雨のなか氾濫した川にのまれ死んでしまう。
するとその日の夜から橋を渡る二つの人魂が出るようになった。
夜な夜な現れる2つの人魂をお弓と京之介の魂だと村人は思い、手厚く供養した。



oyumibashi4.jpg


現在のお弓橋は改築され、コンクリート製になってしまいましたが、
お弓橋という名前のまま現存しています。

oyumibashi1.jpg



どんな科学的な根拠があったとしても、それが人の魂だと思ったほうが
素敵なこともあるものです。
ちなみにお弓の墓は東田の太連寺に実際にあるそう、
気が向いた時に行ってみようかと思う今日この頃。



oyumibashi5.jpg


川面はまっくらで何も見えませんがウシガエルの鳴き声が聞こえてきます。
人魂見たいなぁ。。










<余談>
豊橋在住ですが、人魂と言えば浜松の馬込川と思っています。
見間違いの可能性が高いですが、以前人魂を探しに行った際
それらしい光を見つけて恐怖しました。
豊橋のネタにつきたらそちらも探索しましょうか。。






関連記事

category: 昔話

CM: 0 TB: --   
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 愛知県情報へ にほんブログ村 歴史ブログ 神話・伝説へ