FC2ブログ
Admin New entry Up load All archives

豊橋心霊散歩

愛知県豊橋市を中心にしたマイナーな心霊スポットの紹介

【心霊スポット】旧本坂トンネル その2 

旧本坂トンネル


honzaka7.jpg



雨模様の中の探索になりました。
標高約300m地点にある旧本坂トンネルは雨天時ともなれば
画像のように霧でいっぱいになります。

トンネルに向かって強い風が吹いているせいで
霧がトンネルに吸い込まれていく様はなかなか幻想的と言えました。





honzaka8.jpg


豊橋側から見て回ります。




画像はトンネル入口の脇にあるコンクリート小屋。
噂だとなんかここがやばいと言われているようです。
いろんな噂がありまして・・・
この小屋で写真を取ると必ず心霊写真になるだとか、
幽霊のたまり場になっていて危険だとか、女の霊に追いかけられるーとか、、

自分の目で見てみた感じは、怖い雰囲気がするだけの、ただの小屋です。

全然やばくないです。


honzaka9.jpg



中も覗いてみましょう!!


honzaka10.jpg


事前に情報をあつめた感じですと
もっと散らかった印象があったんですが片付いてますね。
山間部の使われてない小屋にしては綺麗な方です。




トンネル内に進みます!!




honzaka11.jpg




霧がひどく、フラッシュ下ではカメラに何も映らないため
仕方なく車のヘッドライトで照らしてみました。

きちんと草木も眠る丑三つ時にやってきてるわけですが
幽霊が出そうな気配というか得体の知れないゾクゾク感が足りません。


honzaka12.jpg



落書きがたくさんありますね。
何度も再塗装された形跡がかなしいです。

肝試しはけっこうですが騒いだ挙句汚して帰るのは良くないですし
正直、伊古部海岸廃道のほうが怖い心霊スポットだと思います。



honzaka14.jpg

上の画像、
上半分が豊橋側の入口、
下半分が湖西(静岡)側の入口です

湖西側は再塗装されていないので
雰囲気がいいですねぇ
退廃的な美しさがあります。



そういうわけで・・・


honzaka13.jpg



旧本坂トンネルの探索は終了です。
あまり怖い印象はないですし、周囲には椿園もあって日中は人が結構くる様子です。
姫街道にちなんだ女性の霊は本当に出ないのでしょうか・・・
少し寂しいです。



次回はおそらく本坂峠のふもとにある首狩神社をまとめます。




旧本坂トンネルで動画を撮ってみました。

関連動画
関連記事
スポンサーサイト



category: 愛知県豊橋市 心霊スポット

CM: 0 TB: --   

【心霊スポット】旧本坂トンネル その1 

旧本坂トンネル


honzaka1.jpg



愛知県豊橋市、石巻山近くの本坂峠を貫く国道362号の旧道。
今はほとんど使われなくなったトンネルがあります。



honzaka2.jpg



愛知県豊橋市は昔から東海道の通り道となっていましたが
1707年10月4日 東海道沖から南海道沖を震源域として発生したM8.4の巨大地震、
『宝永地震』によって壊滅的な打撃を受けます。
更に、地震によって発生した津波が遠州灘と浜名湖を襲い、
新居での渡海が不通に陥りました。


honzaka4.jpg


地震による沿岸部の交通の機能が停止したことにより
本坂峠の交通が増加していきました。
ちなみに本坂峠は、昔、沿岸部の関所にて女性の取り調べが厳しかったころに
迂回路として女性に多く利用されたため、姫街道とも呼ばれます。



honzaka5.jpg





1915年

本坂峠の標高330m地点に120mのトンネルが掘られ、自動車の交通が可能になりました。



このトンネルが豊橋で最も有名な心霊スポット旧本坂トンネルです。






honzaka3.jpg





上で説明したとおり、
旧本坂トンネルのある道は、トンネルができるずっと前から姫街道と呼ばれ、
多くの女性が無理をしてでも使ってきたルートです。
中には峠越えの最中に亡くなられた方もいるのでしょう。


そのためか、旧本坂トンネルの体験談・噂は基本的には
女性の霊が現れるというものがほとんどです。



honzaka6.jpg


探索に訪れましたが、相も変わらずの雨天。

そしてトンネルを吹き抜ける濃い霧がカメラのフラッシュを遮ります・・・。

探索内容 その2に続きます・・・




続きの記事
【心霊スポット】旧本坂トンネル その2

関連動画


関連記事

category: 愛知県豊橋市 心霊スポット

CM: 0 TB: --   

【心霊スポット】三ツ口池 その2 

三ツ口池 その2です。



今日は雨の日に出るという女の幽霊に遭遇できないかと
やってきました。

mitukuti1.jpg




ただの雨ならよかったのですが

この日は台風で土砂降りでした。




mitukuti2.jpg



カメラをナイトモードにしても
見通しの悪さはごらんの有様です。




mitukuti3.jpg



この三ツ口池、
おそらく昔から幽霊がでるという噂はあったのでしょうが
有名になったのはおそらくダムド・ファイルという番組のロケ地になってからではないのでしょうか。


ダムド・ファイル

名古屋テレビで放映され多くの反響を呼んだ1話完結の連続ホラードラマ。名古屋を中心とした東海地区の心霊スポットや各地に伝わる伝承伝奇話をもとに、実話に基づいたリアルな恐怖物語が続々と展開される。万田邦敏監督をはじめ、『リング』を手掛けた仙頭武則プロデューサーなど映画界の一流のスタッフが生み出したこの作品。見始めたら終わらない。気が付くと我々はその“恐怖”の奥底にいるのだから…。

file No.0017 ある池の話 豊橋市(出演:唯野未歩子、監督:萩生田宏治)

小学校6年生のカナ(猪野友里江)とクラスのボス・マユミは、同級生のアキラに思いを寄せていた。ある夏の日、アキラから釣りに誘われ、カナと親友のエツコ、マユミの3人はアキラの待つ池に向かうが、途中で道に迷ってしまう。そんな最中、意を決したカナはマユミに自分もアキラが好きだと告げると、マユミはカナを突き飛ばして置き去りにしてしまう。エツコが心配して戻ると、虚ろな表情で池の淵へと歩くカナの姿が…。





池の近くに来てみました。
視界が悪く、風雨も激しいせいで女の幽霊を探している場合ではない感じです。


mitukuti4.jpg



遠くに映っている青い光は水量調整?の施設の明かりで
心霊現象とはまったく関係がありません・・・


mitukuti5.jpg



雨の日に来るとがらっと雰囲気が怖くなるのかと期待していましたが
実際にはそんなことはなさそうです。

池の周囲の山道も歩き回ってみましたが
期待している幽霊との遭遇もありませんでした。




mitukuti6.jpg



前回に引き続き、怖い体験はできませんでした。

時間があるときに三ツ口池に通って
噂が本当なのかを気長に検証していきたいと思います。



関連記事

category: 愛知県豊橋市 心霊スポット

CM: 2 TB: --   

【心霊スポット】三ツ口池 その1 


今回は三ツ口池について見ていきます。


三ツ口池


mitukutiike1.jpg




正式には豊川用水三ツ口池調整池と呼ばれます。
この東三河地方は過去、水利の便に恵まれなかったため、
1927年から豊川上流に貯水池を作って導水するプロジェクトが進められました。


mitukutiike0.jpg



この三ツ口池もその一つとして機能したわけですが
三ツ口池自体はこのプロジェクトよりも遥か以前からあります。

時代は江戸の初期、まだ豊橋が旧名吉田と呼ばれていた頃です。





こんな昔話があります。




三口ヶ池には2匹のつがいの大蛇が住んでいました。
大蛇は池に偶然やってきた親子を見つけます。
雄の大蛇が子供を食べようと襲いかかりますが、
人間に返り討ちにあい、殺されてしまいます。
雌の大蛇はとても悲しみ、人間を憎みました。
大蛇は三口ヶ池の奥深くに潜り、浜松の天竜川へ出てきます。
それからは天竜川近くにやってきた吉田藩の人間をとって食うようになりましたとさ。





面白いことに同じ地域に似たような昔話があります。
これは池のある石巻山にまつわる昔話です。






石巻山にある日、鉄砲を持って狩りにやってきた男がいました。
狩りの途中、一休みしていると一匹のトカゲを見つけます。
なんだトカゲか、と思ってみていると、トカゲがみるみる巨大化し、
龍になりました。
龍は男に襲いかかります。
しかし、男は鉄砲で応戦し、龍に大きな傷を追わせます。
龍はしっぽを巻いて天竜川へ逃げました。
それからというもの、その男の村の人間が天竜川を渡ろうとすると
その龍が現れ襲いかかるようになったそうです。





この話はへぇと思ってもらえれば良いです。
ただの用水池ではなく、神聖な一面がありそうだという感じがするだけで
心霊スポットとしての噂とはいまいち関連がありません。







mitukutiike2.jpg


では三ツ口池の噂について紹介していきましょう。


三ツ口池には幽霊の目撃談がいろいろあります。
(具体的に呪われたり祟られたりとかいう話はありません)




・老婆の霊
・サラリーマンの霊
・子供の霊
・雨の日にしか現れない女の霊
・三人の霊
・池に立つ白い少女の霊



ざっと調べただけでこれだけの種類の霊の噂があります。

また、池での自殺・バラバラ死体などの噂もありますが、真偽のほどは不明です。
私が調べた限りでは事件記事を見つけることはできませんでした。



mitukutiike3.jpg


池には周囲に歩道があり、画像の柵の向こう側が池になります。

暗くて全く見えないですね。




昼間にくればこんな感じです。
(Googleのストリートビューは本当に便利ですね)


mitukutiike7.jpg




幽霊はやはり池のほとりに出るのでしょうか。


mitukutiike4.jpg



深夜にこの池に来るとバス釣りの人たちに出くわすことが多いのですが
ここは完全に釣り禁止の場所なのです。


池での水遊びも基本的に禁止です。
事故にあったらいけませんからね。




mitukutiike5.jpg


すべて自己責任で・・・





どの幽霊でもいいので出てくれないでしょうか。
ひたすら待ちます。







mitukutiike6.jpg








幽霊は現れないのでしょうか・・・・


次は、雨の日に来てみます。
雨の日に出る女の幽霊…実はこの霊が一番怖いらしいので出直しましょう。









関連記事

category: 愛知県豊橋市 心霊スポット

CM: 0 TB: --   

豊橋心霊スポット一覧 

bann2.jpg



愛知県豊橋市は、古くから日本の交通の要である東海道が設置され、

それと共に宿場町や数々の城が拠点として置かれてきました。

また隣接する湖西市と共に古墳や遺跡の出土が多く、特に嵩山蛇穴など

縄文時代の痕跡が現存しているものもあり、歴史豊かな土地です。

未だに多くの昔話や妖怪の話が残っているのでそれらを紹介していきたいです。



豊橋心霊散歩地図











豊橋の心霊スポット一覧
(独断と偏見による知名度順)




------県内でも有名な心霊スポット------



・旧本坂トンネル
honzaka3.jpg
【心霊スポット】旧本坂トンネル その1
【心霊スポット】旧本坂トンネル その2
【動画】旧本坂トンネル【心霊スポット】





・首狩神社
kubikari4.jpg
【心霊スポット】首狩神社 その1




------豊橋市内の噂レベル------




・伊古部海岸廃道
haidou5.jpg
【心霊スポット】伊古部海岸廃道 その1
【心霊スポット】伊古部海岸廃道 その2



・三ツ口池
mitukuti1.jpg
【心霊スポット】三ツ口池 その1
【心霊スポット】三ツ口池 その2
【心霊スポット】三ツ口池 その3




・多米トンネル(多米峠)
tamedouro.jpg
【心霊スポット】多米トンネル その1
【心霊スポット】多米トンネル その2
【心霊スポット】多米トンネル その3



・石巻山
ishimaki (7)
【心霊スポット?】石巻山その1【UFO】
【心霊スポット?】石巻山その2【UFO】




------昔話・民話の残る場所------



・お弓橋
oyumibashi1.jpg
【昔話】お弓橋【民話】



・嵩山蛇穴
suse9.jpg
【昔話】アナドばあさん【嵩山蛇穴】
【動画】嵩山蛇穴【史跡】



・十三本塚供養塔
13duka1.jpg
【昔話】十三本塚【供養】




・三つ圦の主
mitsuiri0.jpg
【昔話】三つ圦の主【豊川】&【心霊】松見ヶ浦【浜名湖】




座頭崖
zatou1.jpg
【昔話】座頭崖と琵琶崖【豊橋&湖西】





・比丘尼塚
・東田町の首切り場



~~随時更新中~~




------<番外編>------

・豊橋巨大廃墟
kyodaihaikyo_sample1.jpg
【噂】豊橋巨大廃墟その1【謎】
【噂】豊橋巨大廃墟その2【謎】
【噂】豊橋巨大廃墟その3【謎】
【噂】豊橋巨大廃墟その4【謎】









------<豊橋周辺>------


------ 湖西 ------

・オレンジロード
orangeload (10)
【心霊スポット】オレンジロード【多米→湖西】


・松見ヶ浦
matsumi2.jpg
【昔話】三つ圦の主【豊川】&【心霊】松見ヶ浦【浜名湖】






------ 蒲郡 ------

・鉢地坂トンネル
gm-tn3.jpg
【蒲郡】鉢地坂トンネルと鉢坂峠【心霊】


・坂野坂トンネル
KudariOsakaside200m.jpg
【心霊スポット】坂野坂トンネル【蒲郡】


・N廃墟
entry_image_t44.jpg
【心霊スポット】 N廃墟 【蒲郡】




------ 浜松 ------


・古人見ハウス前
kohitomi03.jpg
【心霊】古人見ハウス前【浜名湖】


・佐久間ダム
sakuma01.jpg
【心霊スポット】佐久間ダム その1【浜松】
【心霊スポット】佐久間ダム その2【浜松】



‐‐

注意点とお願い

心霊スポットに行く際は、
十分にお気をつけください。
近隣の住民に迷惑がかかる行為、
壊す、汚す、廃墟のものを持ち帰る行為は犯罪です。
ルールを守って怖い思いをしましょう。

また、心霊スポットだからと言って幽霊が本当にでるとは限りません。
逆に、心霊スポットではない場所でも心霊体験をすることもあります。
肝試しに行った際に被った、怪我・損害・心理的被害に関しましては
当ブログでは一切責任を負いかねます。
すべて自己判断、自己責任でお願いします。

豊橋心霊散歩
関連記事

category: 豊橋心霊スポット一覧

thread: オカルト・ホラー  -  janre:

CM: 0 TB: --   

当ブログについて 

当ブログの目的

愛知県豊橋市を中心とした心霊スポットの紹介。
心霊スポットについてのバックボーンを歴史や風習から紐解いていければと思っています。
※心霊の謂れのない廃墟探索は行いません。


当ブログの管理

豊橋在住の私が一人で心霊スポットに行き取材しています。
ブログ内の探索画像は好きに転載していただいて構いません。


リンクについて

リンクはフリーです。
リンクしてくださると大変嬉しいです。。


どうでもいい管理者の遍歴

私は幽霊が見えない人です。
幽霊らしいものは時々見かけています。

幼い頃から墓地が好きで一人でよく遊びに行っていました。
中学時に平谷美樹著の百物語に感銘を受けて怖い話を蒐集するようになります。
その頃から一人で心霊スポットを回るようになりました。
幽霊の女性はなんて綺麗なんだろうと思うようになったのもその頃です。
霊感が上がると言われる実験を1年間繰り返しますがまったく効果はなく、
代わりに毎晩のように金縛りと殺される悪夢を見るようになります。
大学時に愛知に引っ越し、洒落怖にハマりつつ心霊スポット探索や
怪事件の事件現場に行くようになります。
まもなく2chオカ板発祥の師匠シリーズに出会い、感動、そして恐怖し
心霊スポットを歴史や風習の側面から調べるようになっていきます。
今まで心霊スポットで体験した思い出の中には参ったものもありましたが、
実は心霊スポットは人が過去に経験した過ちの教訓の形なんじゃないかと最近は思えてきました。


そんな人が適当に書いているブログです。


Profile1.gif


category: 当ブログについて

CM: 0 TB: --   

【心霊スポット】伊古部海岸廃道 その2 


伊古部海岸廃道の続き

と、いうことで、






海岸で白い服の女性(の霊?)が現れる

について確認しにきました。




その1でも説明しました通り、
伊古部海岸は水難事故が多く、切り立った崖が多いことから死者にまつわる
不吉なイメージを持たれているようです。



ですが、伊古部海岸近くのささゆりの里には
過去に地震・津波によって多くの被害が出たことから
石碑が建てられています。
 

画像:震災 鎮めの石碑

sasayuri1.jpg

sassayuri2.jpg



また、近くにある菟頭神社は
日本書紀で青海原の潮流を治める神とされる月読命を祭神としています。



どちらかというと津波で亡くなられた方のほうが歴史的に多いでしょうし
そういう謂れになってもおかしくないですよね。




兎にも角にも探索していきましょう。




kaigan1.jpg



はい!雨天です・・・


たくさんの雨っ粒が反射してオーブ状態(嗤)になってますね。





kaigan2.jpg



おそらく私の息でしょうがモクモクした何かが写ってしまいました。





kaigan3.jpg




砂浜への下り坂を降りていきます。





kaigan4.jpg





昼間ならこんな感じです。







そして






砂浜到着







kaigan5.jpg

kaigan6.jpg


kaigan7.jpg

kaigan8.jpg





雨粒がたくさんですね。

でもこの画像よく見ると変に尾を引いた光点がいくつも写ってるんですよ。

あんまり写真のことには詳しくないんですが、

このとき映り込むような光源に似たようなものはなかったと思いますし、

ほかの雨粒とは感じが違うので虫?とも思いましたが全部おなじ方向に
光の尾が伸びてるのが不自然ですし・・・

これが人魂とかだったら面白いんですけどね

豊橋のお弓橋とか浜松の馬込川とか、近くには人魂の噂があるスポットが
ありますからね。。






特に心霊現象らしいものもなく、
白い服の女も見つかることなく、
綺麗な砂浜を闊歩するだけの散歩ブログらしい体裁を保ちつつ
締めたいと思います。







綺麗な砂浜!

kaigan9.jpg





カズラガイがいっぱい!

kazuragai1.jpg



【その他の記事】

【心霊スポット】伊古部海岸廃道 その1
【心霊スポット】多米トンネル その1
関連記事

category: 愛知県豊橋市 心霊スポット

CM: 0 TB: --   

【心霊スポット】伊古部海岸廃道 その1 

伊古部海岸 廃道


 愛知県の豊橋市の海岸沿い

 国道42号線を走っていくとアカウミガメの産卵場所としても有名な伊古部海岸に行くことができます。

 その付近には今は使われなくなった廃道があり、心霊スポットとして知られています。
 



tizu2.jpg


  国道42号線を走っていきセブンイレブンのある交差点を曲がる。


  道なりに進むと地図標識のある交差点に出ます(上記の地図残照)


tizu0.jpg





この小道から先が廃道になります。



tizu3.jpg







それではいってみましょー











haidou1.jpg




 伊古部がなぜ心霊スポットになっているかというと、、、

 伊古部の海は「うと」と呼ばれる巻波が発生し、
 水難事故が毎年絶えません。(もちろん遊泳禁止です)
 泳いだとしても海底に引きずり込まれてしまいますし、
 今回紹介する廃道付近は切り立った崖が無数にあり
 自殺場所としても知られています。




 それで伊古部海岸廃道の怪談はこんな感じですね。


  ・森の中から聞こえる女の声

 ・海岸に現れる白い服の女



 番外的に言えば、過去、うさぎっ子恐怖館さんで現地ルポが行われた際に
 数々の怪現象が発生したとされる心霊スポットです。



 伊古部海岸廃道には怖い噂は少ないものの、
 オカルト好きな人たちには一目おかれている心霊スポットという感じです。
 豊橋の人に心霊スポットは?って聞けば
 伊古部海岸と旧本坂トンネルの2つが挙げられることが多いです。


 haidou2.jpg

 

  廃道というだけあり、荒れています。



  蜘蛛の巣、雑草、倒木、行く手を阻みます。
  おそらく昼間でもここを通る人がいないのでしょう。





  この道の両サイドは竹やぶになってます。
  パキン  
  パキン
  と、左側のやぶから枝を折る音がかなりしつこく聞こえてきます。
  乾いた枝を折るときの高い音が波音と合わさって人気はないのに騒がしいです。


  良い雰囲気なので構わず進みましょう。




 haidou3.jpg


 不法投棄禁止!
  
 この柵のむこうから潮風が吹き付けてきます。

 懐中電灯で見回してみましたが何も映らないので
 かなりの断崖があるようです。



 進みます。



haidou4.jpg


  道は荒れ放題
  横にガードレールがなければ道に見えないでしょう


haidou5.jpg



 進むほどに道が荒れていきます。
 蜘蛛の巣と木の枝をかき分けながら進みます。

 ここまで噂に聞く「話し声」は聞こえてきません。
 波の音と風に揺れる木の音だけが聞こえてきます。





 ここまで来てどこに進めばいいのかわからなくなりました。





 周辺をしばらく探索して、ようやくルートを発見します。




 haidou6.jpg




道なのかすら怪しいレベル。



haidou7.jpg


しばらく進むと山道のような道になりました。


道の脇は崖のようになっています。


haidou8.jpg



滑って落ちたらこわいですねー





更にすすんでいくと・・・・




森を抜けます。




misaki1.jpg



  岬のような場所に出ました。


  昼間なら海が一面に見渡せそうです。


  事前調査ではここに手作りのベンチがあるとの話だったのですが
  どうやら撤去されたようです









   後ろを振り返って写真を1枚。



misaki3.jpg




   こんな道を通ってきたんですねー

   入口のときにも写ってましたがオーブ(?)がこの写真にも。


   よく塵や水滴がフラッシュに反射して映るという話を聞きますが、

   なんかこう意味深な場所で撮れるといろいろ想像してしまいます。





misaki2.jpg


  月が煌々と光ってます。

  写真には映りませんが岬の茂みの向こうは急斜面

  確かに落ちたら怪我は負いそうですが、死ぬことはなさそうです。

  自殺の名所と噂されますがなんか違うような気がします。



 そんなこんなで、収穫なしかーと思いつつ撤収です。




  帰りも同じ道を辿って、竹やぶに挟まれた道まで戻ってきました。
  なんか懐中電灯の明かりが弱くなって来た気がします。


  竹やぶからは相変わらず枝をおる音がしきりに響いてきます。
  片側の竹やぶからだけ聞こえてくるのが不思議です。

  あと100mほどで入口だなーというところまで来たんですが
  足元を何がが動いています。



  ねずみかリスかな。



  懐中電灯の明かりを向けました。



  明かりを向けると同時に

  真っ黒な影が足のすぐ横を走り抜けてきました。





 ねずみほどの20cmくらいの何か。





 ねずみ?



  私の目に焼き付いた影は今まで見たことがないものでした。

  

















  懐中電灯をあてても真っ黒な塊

  



  生き物とは違うぬるぬるとした動き






  落ち葉を掻き分ける音もない












すぐに違和感を感じて真っ黒な塊を懐中電灯の明かりで追いましたが
どこにもそれを見つけることができず…





あたりからパキン パキン とひたすら枝をおる音が聞こえていました。









 最後の最後で少しだけぞくりとさせてくれた伊古部海岸。
 やはり心霊スポットなのかもしれません。
関連記事

category: 愛知県豊橋市 心霊スポット

CM: 2 TB: --   

【心霊スポット】多米トンネル その3 


多米トンネル その3 ということで、
多米トンネル周辺について心霊ネタを掘り下げていきましょう。


pa-kingu1.jpg

  トイレの幽霊

   多米トンネルの前後にそれぞれあるパーキングのトイレ
   湖西側は車では入れなくなっている
   深夜のトイレでは幽霊が目撃される




噂では豊橋側と湖西側のどちらに幽霊が出るかは明らかになっていません。
なら両方とも行ってみようということで行ってきました。


湖西側
toire5.jpg



別件で立ち寄ったため昼間の取材です。
現在、湖西側のパーキングは深夜に走り屋がたむろするのを防止してか
入れなくなっていました。


使われなくなってしばらく経つせいか、かなり荒れている雰囲気です。
トイレの中に入ってみます。




toire6.jpg



画像ではわかりにくいですが虫だらけです。
それに小便器がありません。
昔はよくあった形式らしいですが、コンクリートで溝を作ってあるだけの
トイレのようです。
(溝の中もゴミと虫がたくさんです)

幽霊云々の前に入るのに勇気がいるトイレです。









次に豊橋側へ



豊橋側
toire1.jpg





こちらは深夜に見てきました。
おそらく噂も目撃される可能性の高い豊橋側が出処ではないかと思います。


toire2.jpg






中に入ってみても電気がつきませんでした。
周りの壁にスイッチがないか探してみましたが見当たりません。
良い雰囲気です。





toire3.jpg





さて、幽霊はいないかー、幽霊はいないかー



・・・





toire4.jpg


いませんでした。






湖西側に比べれば随分綺麗です。
おそらく周辺の豊橋自然歩道をハイキングする人たちや、
三ヶ日ICから高速に乗るトラック運転手たちに使用されているのでしょう。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



  赤い鳥居の札

   豊橋側から多米トンネルを抜けてしばらく行くと道路脇に赤い鳥居がぶら下がっている
   そこで幽霊の目撃談がある






この噂は体験談がネットにあがっていましたので調べてみました。
(引用元URL http://05.xmbs.jp/kyofunoyakata-23394-br_res.php?no=76696&action=res&page=r2&guid=on)

要約すると、

トンネルを湖西市側に抜けると神社がある。
そこに肝試しに行ったら幽霊に出くわした。
慌てて車に戻り、発進させたが幽霊は追いかけてくる。
逃げていたら事故にあい死亡者が出た。
死体にはなぜか首を絞めたような跡が・・・。






さて、お話に出た場所はここになります。

tametizu1.jpg




行ってきました。


torii1.jpg

おそらくこの場所で間違いないでしょう。
深夜に行きましたがなんとも異様な雰囲気があります。

鳥居をくぐって先に進んでみることにします。



torii2.jpg


一応アスファルトを敷いた山道が続くのですが、
雑草や倒木、大量の蜘蛛の巣で進むのはかなり困難です。

また、真っ暗で写真がうまく撮れないこともあり、昼間に行ってきた写真を公開します。



torii3.jpg


torii4.jpg






雑草や倒木の他にも大量の不法投棄が見られます。
更に進んでいくと何やら建物が見えてきます。

(深夜に行った時は独特な形と色の建物に見えてどきどきしましたよー)


torii5.jpg

なんでしょうか。
中を覗いてみます。



torii6.jpg


どうやら物置のようです(嗤)



周囲をよく探索してみると物置とみられる建家がたくさんあります。


torii7.jpg


私は深夜にどきどきしつつも意気揚々と探索したわけですが
肝心の神社らしきものがさっぱり見つからない。
やむなく帰ってきてあらためて調べてみましたら納得の理由が出てきました。


 (wikipedia より引用)

 小便避け・不法投棄対策としての鳥居

  近年、住宅街や空き地などに高さ10センチメートルから50センチメートルほどの小さな鳥居が設置されている場合がある。簡素なものは薄い板切れをコンクリートブロック塀に貼り付けただけものや、塀に赤ペンキで描いただけのものである場合もある。このような小鳥居はゴミの不法投棄を避けるために設置されたもので、結果として不法投棄が激減したという実例があるという。



なるほどなるほど。


 探索していて幽霊はおろか神社すら見つけられなかったことも納得できます。

 今回の探索中でも冷蔵庫やら畳やら便座やら…不法投棄を数多く見かけたので
 こういう対策が必要なことも納得できます。


心霊から少し離れしまいましたが、こういうオチもたまにはいいかもしれません。

torii8.jpg



【その他の記事】
【心霊スポット】伊古部海岸廃道 その1
関連記事

category: 愛知県豊橋市 心霊スポット

CM: 0 TB: --   

【心霊スポット】多米トンネル その2 


愛知県の豊橋市にある多米峠

数多くの怪談があるこの場所を調べましょう。


tamedouro.jpg









  電話ボックスの女


   多米トンネル手前にある電話ボックス
   深夜、誰もいない多米峠を車一台だけで走っていると
   その電話ボックス通過する瞬間、電話ボックスに女が映るらしい。




tamedouro2.jpg



 豊橋側のパーキングから山を下って行くと右手方向に電話ボックスがあります。



denwabokkusu1.jpg



 パーキング内の山道を降りていくことで電話ボックス横に出ることもできます。



denwabokkusu2.jpg



 こちらが件の電話ボックス

 思ったよりも荒れておらず、虫がいることを除けば

 ガラスも綺麗でまだまだ現役のご様子。

 これだけ綺麗なら噂の女も普通の生きている方かもしれないですね。
 ちなみに4号線は深夜でも車の通りがそこそこあるので電話していれば
 車の一台や二台普通に通り過ぎていきます。


_

_

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~





  ホッピングばばあ

   着物姿で下駄を履いた老婆。動きにくそうな格好にも関わらず4mの跳躍力を誇る。
   夜中に多米峠を通る車をジャンプしながら追いかけ、事故に遭わせてしまう。





tamedouro3.jpg



 追いかけてくるじじいばばあ系の都市伝説は比較的有名ですね。
 代表例として六甲山のターボばあちゃんは有名です。
 しかしなぜか愛知はこれに類似した話が多いです。

 ・名古屋市の平和公園のジャンピングババア
 ・高速に出るローリングじじい、ホッピングじじい、ジャンピングばばあ(2回目)
 ・入鹿池のジャンピングばばあ(3回目)、ターボじじい




そしてここ、多米峠のホッピングばばあ



ホッピング~も内容的にはジャンピングババアです。






真夜中に車を運転しているとミラーに何かがちらつく。
何かと思ってミラーをよく見るとばあさんが飛び跳ねながら追ってくる。
慌ててアクセルを踏むがそれでも平気で車に追いついてきてしまう。
更に慌てて引き離そうとするも運転を誤り事故を起こしてしまう。








・・・ドライブレコーダーが必要ですね。



tamedouro4.jpg



真剣な話をすると都市伝説系の話はけっこう興味深かったりする。
1つは怪談にするにはオチが中途半端なものが多いのに
目撃談が多いこと。
もう1つは同系統のものが妖怪や神話や昔話にあまりないこと、
しかし想像してみれば当てはまるものがないわけでもないこと。



ターボじじい・ジャンピングばばあ

山姥・三枚の御札

人面魚・人面犬

くだん

トイレの花子さん

加牟波理入道

いやぁ、こじつけだけど興味深いです。
特に、加牟波理入道のトイレで3回唱えると首が降ってくる~は
花子さんを3回呼ぶ行為と因縁があるように思えて仕方ありません。


話がそれてきましたので、この辺にしておきます。




関連記事

category: 愛知県豊橋市 心霊スポット

CM: 0 TB: --   
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 愛知県情報へ にほんブログ村 歴史ブログ 神話・伝説へ